まさ@自由になる!

30代のサラリーマンです。 いろいろ書きます!

その他

朝抜きの1日2食の1か月プチ断食体験した効果がメリットだらけ!

投稿日:

1日1食とか、もっと過激な食事制限をされている方の体験談を見かけました。
最近、断食や少食関係の本を結構読んでいるのですが、そのきっかけとなったのが船瀬俊介さんの
3日食べなきゃ7割治る!です。

タイトルは非常に過激ですが中を読んでみるとそうでもなく、
その中で1日2食でプチ断食というやりかたがあるのを知りました。

一度知ったらとりあえず自分で試してみないと説得力もないのでやってみました!

1日1食なら結構きついかもしれませんが2食なら1食抜くだけですし、
それだけで体重・体脂肪が減り、健康的な身体になるのであればラッキーです(笑)

そこで1日2食を1か月ほどやった結果を記していきます。

朝抜きの1日2食の1か月プチ断食体験した効果はいかに?

  • 1日3食という当たり前の生活
  • 断食することでどう効果がでるのか
  • 1日2食にしてどうかわったのか?
  • まとめ

1日3食という当たり前の生活


最近仕事でお昼ご飯を食べた後でよく眠くなるんですが、
なんで食べたあとに眠くなるのかな?と思うようになりました。

1日3食しっかり食べるのが健康と言われてきたけどこれってそもそも正しいのかな?

そもそもいつから1日3食になるのか調べてみたら、
昔に戻ると江戸時代後半と言われているみたいです。

それまでは1日2食が普通だったみたいで、
労働者が仕事(ここでいう仕事は肉体労働)時間内働けるように経営者が1日3食にしたという説もあります。

ドイツには「1日3食のうち2食は自分のため。1食は医者のため」という古くからのことわざがあるみたいです。

意味は読んで字のごとく、1日2食は自分のためだけど、残り1食は医者のためだよと。
きちんと1日3食食べて病気になって医者に診てもらういうこと。

患者が増えたら医者としては

食べ過ぎなんですよね…

断食することでどう効果がでるのか


断食をすることによる効果がどんなのがあるというと、

  1. 体質をかえる
  2. 快感をもたらす
  3. エネルギー利用法が変わる
  4. 宿便を排泄する
  5. 環境毒素を排泄する
  6. 「自己融解」を起こす
  7. 遺伝子を活性化する
  8. スタミナをつける
  9. 免疫力をあげる
  10. 活性酸素を減らす

といいことだらけです。

断食というとまったく食べないというのをイメージすると思いますが、
そうではなく水分もとってもいいみたいです。

断食すると脂肪を燃やすともいうみたいでダイエットにも最適です。
それがプチ断食(半日断食)でも効果あるとのことなのでやらない手はないかなと思いました。

1日2食にしてどうかわったのか?


ということで1日2食に挑戦してみました。

1か月試したところ感じたのはメリットだらけ

  • 体重・体脂肪が改善する
  • 睡眠時間が短くても元気
  • 食事で噛む回数が増えた
  • 空腹を楽しめるようになった
  • 風邪はまったくひかない

何といっても体重・体脂肪が改善した点ではないでしょうか!


あと1ヶ月ですが、プチ断食を行ってからの体重と体脂肪の推移を示しています。

ダイエット目的で始めたわけではないのですが、少しずつですが体重減ってきています。
私が驚いた点は体脂肪です!
体脂肪は今までほとんど15%超えてたのがプチ断食を始めてから徐々に下がりだしました!

かなりうれしい結果になりました!

これは断食による脂肪燃焼の結果なんでしょうか???
体重は食べなかったら単純に減らすことが可能ですが、それでは体脂肪が改善しません。

ほんとに朝ご飯を抜いただけで、それ以外は違いはありません。

1か月ではわからないのでまた経過を報告したいと思います。

今まで以上に睡眠時間短くても問題ないのは、食べることで必要以上にエネルギーを使うからなのかなと思います。
なので、食事の回数を減らす=エネルギーを使わなくて済むため短い睡眠時間でも対応できてそうです。

噛む回数については、昔から何回も噛んで食べなさいと小さい時から言われてても改善されなかった点です。
今考えてみると、たくさん食べるのがあると早く食べようと思う気持ちもあって自分をコントロールできなかったと思います。

なので逆の発想で、食事の量が制限されていたら大事に食べようと思ってなのか噛む回数が非常に増えました。
噛む回数が増えることのメリットは食べ物が細かくなるので胃や臓器の負担が軽くなる点です。

負担が増えるとエネルギーを消耗するため回復するための睡眠がより必要になります。

食べる量も減ったので空腹の時間も増えましたが、
それも楽しめるくらい余裕が出てきてます。

もう1つメリットがあって、空腹になるとお腹に力を入れやすくならないでしょうか?
昔流行った(今も主流?)のドローインがやりやすいんですね!

食べてお腹が膨らんでいると、その状態でお腹に力を入れるのが非常に苦しいです。
筋肉は刺激を与えることで強くなるのでドローインを行いやすく、結果的にウエストサイズダウンに効果的です!

昔は、お腹すいたら何か食べないと!という単純な考えで空腹状態を満喫することなく間食ばかりしてた結果、
今より15㎏近く増えていました。

間隔開けずに食べていたら臓器に負担がかかり、間隔開けたら負担はかかりません。

結果的に口にする食材とかも健康的になっている気がします。
意識が変わってきました。
妻の協力にもほんと感謝です。

まとめ


子どものように成長期であれば、1日3食きちんと取る必要はあります。
ただ、20代を超えて成長が一通り終わった年代であれば1日3食は逆に取りすぎなのかなと思うようになりました。

またいろいろ調べていくと、1日3食取らないとダメだ!という人がいる一方で
1日1食でいいという人もいます。

どっちが正しいかは正直わからないと思います。

それぞれの立場で言っていると思うし、習慣などもあるので全て同じというわけではないと思う。
結局、本人がどうか?というのが大事なところで、
体調悪くならなければいいのではというのが私の考えです。

私は1日2食にしたことでより活動的になっているしこの先もプチ断食を続けようと思います!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



-その他

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新幹線の初グリーン車乗ってみたよ!

こんにちは、まさ(@msk000msk)です。   先日、富士山登った自分のご褒美として、   東京からの帰りの新幹線をグリーン車にしました。   というのも、京都⇔東京 …

早起きしたい人必見! 1年続けている早起きするための3つのこと

最近、朝活流行ってきていますね! 早起きするのは得意ですか? 朝を制する者は人生を制する!というように、 私自身この1年間で早起きすることで生活リズムがガラリと変わりました。 仕事が始まるのは8時半か …

no image

知らない人の日記なんて興味ない

ブログ初めてしばらく経つが、 タイトルの通り。 これからは有益な情報をあげていこう。 それが資産になる。

高橋監督辞任 | 結果が全て…

巨人の高橋監督が辞任されました。   理由は成績不振。   監督になって3年目で   3年連続リーグ優勝逃したという理由とのこと。   巨人は常勝チームなので仕 …

ボーナスの使い道ベスト5 30代男性の場合

今年も残すところあと2か月弱   早いもんですね…   12月に入ったら師走ということもあり一瞬で過ぎそうな気が(笑)   ただ、12月になるといくつかのイベントがありま …